「新型コロナワクチン後遺症患者の会」による記者会見

2023年7月24日、「新型コロナワクチン後遺症患者の会」による記者会見が厚生労働省会見室にて

行われました。

今回この記者会見で「患者の会」が訴えたことは、下記の3つです。
1.予防接種健康被害救済制度の改革
2.子どものワクチン健康被害への対策
3.ワクチン健康被害による生活困窮と救済

ワクチン接種後に長引く体調不良を感じたら、相談できる場所があります。

ご自身の症状と同じような副反応があるかデータベースで調べることができます。

長引く体調不良を診てくれる医療機関があります。

治療費などの助成を申請できる制度(予防接種健康被害救済制度など)があります

詳しくは、有志医師の会HP「ワクチン接種後に体調不良を感じたら」のページをご覧ください

次の記事

年末年始の休診について